東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ディズニーが混雑しない日(空いている日)はいつか?

   


ディズニーランド、ディズニーシー、
どちらに行くにしても、
やっぱり空いている日に行きたいですよね。


その理由は...

  • アトラクションにたくさん乗りたい
  • レストランの待ち時間をなくしたい
  • ショーやパレードをベストポジションで見たい
  • ゆったりとグッズ選び、おみやげ選びをしたい

というのがあるのでは?


パーク内が混んでいると、
何をするにも待ち時間がかかってしまい、
効率的に楽しめなくなります。

レストランやアトラクションの待ち時間ならまだしも、
トイレで30分待ちなんてこともあるのが
ディズニーの恐ろしいところ。

そんな日には、
ストレスの多いパーク滞在となり、
思わずケンカしてしまったり、
ゲスト同士のトラブルになったり、
嫌な思い出になりかねません。


「ガラガラだとディズニーじゃない!」
そんな声も聞こえてきそうですが、
心配はご無用。


よっぽどのことがない限り、
ガラガラということはありません。


1年に10日あるかないかくらいなもんでしょう。

空いている日でも、
一般的な遊園地の休日くらいの混み方はします。


なので、人気アトラクションで待ち時間は発生します。


何はともあれ、可能ならば
パークには空いている日に行くのが一番です。


そんなわけで、この記事では
パークが空いている(かもしれない)日
についてまとめていきたいと思います。


空いている日のメリットは?

この記事の最初にも書きましたが、
パークが空いている日のメリットは

  • アトラクションにたくさん乗りたい
  • レストランの待ち時間をなくしたい
  • ショーやパレードをベストポジションで見たい
  • ゆったりとグッズ選び、おみやげ選びをしたい

です。


さらに加えるならば、

  • ファストパスを何度も発券できる。
  • キャラクターとの写真撮影がしやすい。

などなど枚挙にいとまがありません。


とにかく、パークが空いていれば、
できることはどんどん増えていきます。

空いている日のデメリットは?

パーク内が空いている日のデメリットも挙げておきましょう。

  • ファストパスの発券が行われないアトラクションがある
    • 人気アトラクションならばファストパスの発券は行われます。
      そうではないアトラクション(マジックランプシアター、海底2万マイルなど)では、
      最初からファストパスの発券が中止となることがあります。
      こうなると、スタンバイ列に並ばなければいけないため、
      いつもよりも乗るまでに時間がかかってしまうことがありがち。
  • ワゴンがクローズする
    • フードやグッズを販売しているワゴンが該当します。
      人件費削減などのためですね。
      いつもはオープンしていたのにオープンしておらず、
      お目当ての商品を別の店で買わなくてはいけないことも。
  • ショーやパレードのキャストのやる気が下がる
    • ディズニーのキャストも人間です。
      多くの人が見ているからこそ、テンションも上がりますし、
      いつも以上に力のこもった演技やダンスになるはず。
      ちょっとパフォーマンスが落ちるということはあり得ない話ではないはず。
  • ショーやパレードの盛り上がりに欠ける
    • これも前項と同じですね。
      キャストとゲストの相乗効果で盛り上がるもの。
      ゲストの人数が少ないと、以前より盛り上がらなかったと感じることがあります。

    挙げてみると結構ありますが、
    激混みの日の疲労感と無力感に比べれば、
    これらはなんてことはありません。


    パークが空いている曜日は?

    土日、祝日は問答無用で混んでいます。
    これだけは、間違いありません。

    例外があるとすれば、
      「ゴールデンウィークの翌週の土日」
    は比較的空いていることが多いようです。
    参考:TBD


    月曜日は意外と混むことが多いです。
    土日に授業参観や運動会、文化祭といった学校行事があり、振替休日となるからでしょう。

    私自身、月曜日に遊びに行った際には、
    混んでいることが多かったです。

    なので、月曜日は避けた方が無難です。


    金曜日も以下の理由で混むことが多いです。

    • 金土日の3連休にして、宿泊する人がいる
    • アフター6パスポートで入園する人が多い

    以上から消去法でいくと、
    空いている曜日は「火・水・木」になります。

    避けた方がいい日は?

    空いている曜日は「火・水・木」ですが、
    必ずしも空いているわけではありません。


    春休み、夏休み、冬休みに関しては問題外なので、
    それらを除いて混雑する要因を以下にまとめておきます。

    ミッキー&ミニーの誕生日

    たくさんいるディズニーキャラクター。

    基本的にキャラクターの誕生日は、
    そのキャラクターが初出演する映画の公開日になっています。


    数年前までは、キャラクターの誕生日に
    何らかのイベントがあったようですが、
    現在は特別なイベントは実施されていません。


    それでも、ミッキーとミニーの誕生日である
    11月18日は避けた方が良いです。


    私は、何も知らずに、
    2014年のミッキーの誕生日にディズニーランドへ
    行ってしまいました。

    火曜日にも関わらず、
    その日の混みようは大変なもの。


    ミッキー&ミニーとのグリーティングで
      「誕生日おめでとう」
    と言えるくらいのものなので、
    特別な執着がない限りは、
    ミッキーとミニーの誕生日は避けましょう。

    都民、県民の日

    関東近郊の都民の日、県民の日は要注意。

    学校が休みになるため、大量の学生&親子連れが
    平日にやってきます。

    都民の日、県民の日は以下の通り。

    • 茨城県:11月13日
    • 栃木県: 6月15日
    • 群馬県:10月28日
    • 埼玉県:11月14日
    • 千葉県: 6月15日
    • 東京都:10月 1日
    • 神奈川県:3月19日
    • 山梨県:11月20日

    特に「千葉県民の日」は避けましょう。

    パークの記念日

    5年区切りでのイベントはありますが、
    最近はパークの開業日に特別な記念イベントは
    行われていません。


    何もなくても、開業日にパークに行くのは
    ディズニー好きにとっては、
    神聖なる儀式のようなもの。


    通常の平日よりは混雑する可能性がありますので、

    • ディズニーランドの開業日:4月15日
    • ディズニーシーの開業日:9月4日

    には注意しましょう。

    イベント初日・最終日

    ディズニーでは年中、様々なイベントが行われています。

    • アナとエルサのフローズンファンタジー
    • ディズニー・イースター
    • ディズニー七夕デイズ
    • ディズニー夏祭り
    • ディズニー・サマーフェスティバル
    • ディズニー・ハロウィーン
    • クリスマス・ファンタジー
    • クリスマス・ウィッシュ

    これらのイベントの初日と最終日は避けた方が良いです。

    まとめ

    せっかく高い入園料を払って、
    休日にディズニーへ行くのですから、
    空いている日が一番。


    特に子連れでパークへ行く場合、
    空いている方が良いです。


    ここまでツラツラと書いてきましたが、
    空いている可能性が高いのは

    • 火、水、木曜日

    ただし、以下に該当する日は避ける。

    • 祝日
    • 祝日と土日に挟まれた平日
    • 春休み、夏休み、冬休み
    • ミッキーとミニーの誕生日
    • 関東近郊の県民の日、都民の日
    • パーク開業日
    • イベント初日、最終日

    こんな感じです。


    うまく調整して、ディズニーランド、ディズニーシーを最大限遊び尽くしましょう。

    [`yahoo` not found]
    [`evernote` not found]
    LINEで送る

     - ディズニーリゾート全体 , , ,