東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ディズニー旅行でのパックツアー選びのポイント たくさんある中でどれを選ぶのがベストか

      2016/09/08


関東圏外からディズニーへ行く場合、
慣れていないうちならば、旅行会社で申し込めるパックツアーが便利です。


旅行日程中の自由度は下がりますが、

  • 移動手段の手配
  • 宿泊先の手配

などをする手間が省けて、
しかも同じものを個人で手配するよりも多くの場合は安く済みます


「自由度は下がる」といいましたが、パーク内での遊び方は自由。

「ディズニーには飽きちゃったから最終日だけ東京観光をしたい」
といった突然の予定変更ができないのがパックツアーの欠点なだけです。


手間も省けて、金額も安くなる。

利用しない手はありませんね。


この記事では、ディズニー旅行でのパックツアー選びのポイントをまとめておきます。

パックツアー選びの重要ポイント

旅行会社のパンフレットやホームページを見ると、ディズニーリゾート滞在のプランは
実に多岐に渡ります。


まずはたくさんのプランから絞り込むために
ポイントとなるものを挙げておきましょう。


利用する交通機関は?

地元からディズニーリゾートのある舞浜近辺もしくはホテルまでの交通機関のことです。


安いものならば夜行バス

速さと快適さならば新幹線飛行機がありますね。


家族連れならば夜行バスはやめておきましょう。

体力的にしんどいです。


飛行機の場合、空港からバスというケースが多く、

    飛行機の遅延 + 交通渋滞

というダブルパンチで到着がかなり遅くなってしまった、なんて悲しい結末が起こり得ます。


やっぱり新幹線を使用した経路が安定的だと私は思います。

どこのホテルに宿泊するか

これは非常に大事です。

ディズニーリゾート公式ホテルにはランク順に

  • ディズニーホテル
  • オフィシャルホテル
  • パートナーホテル
  • グッドネイバーホテル

の4種類があるのですが、最後の2つはあまりオススメしません。

パークへのアクセスがイマイチだったり、
特典が物足りないといったマイナスポイントが目立ちます。


ディズニーホテルはかなり金額が高いので、
私はコストパフォーマンスが良いオフィシャルホテルをおすすめしています。

お金に余裕があるならば、断然ディズニーホテルが良いです。


オフィシャルホテルの区分の中にも6軒のホテルがあるのですが、
この中であればどれを選んでもハズレはありません。

下記の記事を参考に、お好きなホテルを選びましょう。


宿泊部屋のタイプは

カップルや友達同士であれば、部屋のタイプは特に気にしなくて良いでしょう。

狭くても、狭いなりに楽しめるものです。


お子様連れの場合は、ファミリー向けのお部屋を選びましょう。


ファミリー向けといっても、ホテル側が言い張っているだけで
実質ファミリー向けではない部屋もあります。


下記の点を抑えると良いと思います。

  • 部屋の広さは30㎡以上
  • バス・トイレ別
  • お風呂には洗い場がある

15㎡程度でファミリー向けとうたっているホテルに宿泊した際には痛い目にあいました。

狭くて子供のストレスが溜まり、ゆったり休めません。


しっかり確認しておきましょう。


迷ったら判断基準とするポイント

ここまででかなりの数を絞れたのではないでしょうか?

でも、まだまだプランが残っているはず。


ここからは細かい点を考えていきましょう。

パークチケットは入園保証があるか

はい、これはかなり大事です。

特に、ディズニーホテルやオフィシャルホテル以外に宿泊する場合


ディズニーランド、ディズニーシーには入園制限というものがあります。

あまりにも入園者数が多い混雑日(夏休み、冬休み、春休み、ゴールデンウィーク)に
日付指定のチケットを持っていない場合には入園できなくなるというシステム。


せっかく行ったのに、パークに入れなかったなんて悲しすぎます。


ディズニーホテルやオフィシャルホテルであれば、「入園保証」という特典があるので
心配はありません。


その他のホテルの場合には、
日付指定のパークチケットが手に入るかを確認しておきましょう。


パッケージに入っていないならば、
事前にインターネットで「ディズニーeチケット」を購入しておいた方が良いです。

ホテルで食事は付くか

パッケージプランに食事が付いている場合には注意が必要です。


夕食付きというプランについて言いますと、
パークで遅くまで遊ぶつもりならば
ホテルのディナータイムに間に合わない、なんてことになります。


楽しさが中途半端の状態で、夕食のためにホテルに戻るのはちょっと切ないですね。


朝食付きも注意が必要です。

朝のバタバタした時間帯にゆったりと朝食を取るならば、色々なものを諦めないといけません。

朝イチでパークに入れず、ファストパスをゲットできなかったり、
パレードの場所取りができなかったり。


以上のことから、食事付きでなくてもいいという割り切りも大事です。

時間があればホテルで食事をすれば良いですし、パークで食事をするのもアリ。


多少損する程度で済むならば、自由度を取るのがオススメ。

手荷物の無料宅配サービスがあるか

パークで遊んで、帰宅する日には荷物がかなり増えているはずです。


その荷物を持ち運ぶのは大変。

新幹線、飛行機、バス、どの交通手段だとしても、周りに迷惑がかかりますし
自分自身もストレスになります。


ホテルから自宅へ配送できるサービスがあるかどうかが重要です。

無料ならばベストですが、有料でも構わないでしょう。


とにかく、帰りの道中が身軽であることが大事です。

おわりに

ここに挙げた以外にも考慮するポイントはあります。

  • パーク内のショー・パレード付きプラン
  • 限定グッズなどが付くプラン

などなど。

挙げればキリがありません。


あとは、ご自身の同行するメンバーや目的、予算に合わせて選んでみてください。

と突き放すようですが、最後にポイントを。


文中でも言いましたが、とにかく時間に余裕を持ち
スケジュール変更が柔軟にできることを第一にプランを選択しましょう。


あれもこれもと欲張ると、スケジュールをこなすことが目的になってしまい、
ディズニーを堪能できなくなってしまいますので。



 - ディズニーリゾート全体 , , ,