東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ダッフィーリゾートライン!もはやアトラクション?巨大ダッフィーも登場!!

      2016/02/03


2016年の初冬イベントとして、
ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」が行われています。


ディズニー映画「アナと雪の女王」をベースにしたパークイベントということもあり、
子供から大人までを巻き込んで大人気になることは容易に想像できます。


客足がランドに集中するなかで、ディズニーシーでは何が行われているかというと、
ディズニーシー限定キャラクター「ダッフィー」のイベント

    スウィート・ダッフィー

が行われます。


このイベントはパーク内だけではなく、
ディズニーリゾートラインでも行われるのですが、その情報を詳しく書いていきたいと思います。

ディズニーリゾートラインにどんな変化が?

ディズニーリゾートラインの公式ホームページの情報では、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニをデザインした

    ダッフィー&フレンズ・ライナー

が走るとのこと。

運行期間は2016年1月12日から2016年3月25日まで。



さらに列車そのものだけではなく、リゾートラインの駅にもダッフィーが。

4つある駅のうちの1つ、「リゾートゲートウェイ・ステーション」にダッフィーがいる
とのことですが、どんなふうになっているんでしょうか?


実際の様子を見に行ってみました。


ラッピングトレイン

まずは、ラッピングトレインから。

パークイベントにあわせて、キャラクターのラッピングトレインが走るというのは
ディズニーリゾートの恒例行事となっています。


「ダッフィー&フレンズ・ライナー」はどんなふうになっているんでしょうか?

ダッフィートレイン外観

先頭車両はこんな感じ。

ダッフィートレイン

ダッフィートレイン

最後尾車両はこんな感じ。

ダッフィートレイン

ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニが見事にあしらわわれています。


今回のダッフィートレインは、これだけじゃありません。

眺めるだけではなくて、乗って楽しむポイントもあるんです。

ダッフィートレインに乗ってみると

今までのラッピングトレインならば、
その姿を見て、写真に収められれば任務完了、となるところ。


ですが、車内にも驚きの装飾があるとのことで乗ってみました。


驚愕の写真がコチラ。

ダッフィーデザイン車両

乗車してビックリ。
なんだこれは!?

ダッフィートレイン

リゾートラインの車内にダッフィーがいる!


そして、吊り革がダッフィー!

ダッフィートレイン

さらにさらに、座席がモフモフ。

ダッフィートレイン

ダッフィーのぬいぐるみと同じ生地を使用しているとのこと。

座れば、ダッフィーに包まれている気分。


車両の両端にはダッフィーのぬいぐるみが飾られています。

ダッフィートレイン

これを見たら、思わずぬいぐるみが欲しくなってしまいます。


これで終わりではありません。

シェリーメイデザイン車両

シェリーメイをイメージした車両もあります。

車内はピンクベースで、座席はシェリーメイのぬいぐるみ生地。

ダッフィートレイン

吊り革はシェリーメイのリボン付き。

ダッフィートレイン

ぬいぐるみも車両の端っこに飾られています。

ダッフィートレイン

ジェラトーニデザイン車両

2014年から仲間入りしたジェラトーニの車両もちゃんとあります。

ベースはエメラルドグリーンのジェラトーニカラー。

ダッフィートレイン

ベレー帽付きの吊り革。

ダッフィートレイン

座席もエメラルドグリーンのふわふわ毛皮。

ダッフィートレイン

ジェラトーニのぬいぐるみもあります。

ダッフィートレイン


車内のデザインは紹介したように、全部で3種類

6両編成なので、1編成に2両ずつ同じ車両があります。

確か、先頭から

    ダッフィー → シェリーメイ → ジェラトーニ → ダッフィー → シェリーメイ → ジェラトーニ

の順番。


リゾートゲートウェイ・ステーション

舞浜駅から歩いてすぐの所にある駅「リゾートゲートウェイ・ステーション」。

ここにダッフィーがいるとのこと。


舞浜駅側の改札を入って真っ直ぐ行くと・・・いましたダッフィー。

ダッフィー

この写真だけ見るとよくわかりませんが、
前に人が立つとその巨大さがわかるはず。

ダッフィー

このダッフィー、2メートルを超える大きさなんです。


みんな写真撮影するために、列を作っていました。


展示期間は2016年1月12日~2016年3月18日まで。

一見の価値アリです。

フリーきっぷ

リゾートラインの恒例のお楽しみといえば、フリーきっぷのデザイン。


2016年初頭イベントでも、期間限定デザインのフリーきっぷが販売されています。

デザインは2種類。


まずは、ダッフィーデザイン

リゾートライン

スウィート・ダッフィーのコスチュームを着たダッフィーシェリーメイが描かれた切符です。


そして、ダッフィーとは関係ありませんが、
ディズニーランドの「アナとエルサのフローズンファンタジー」デザインの切符がコチラ。

リゾートライン

左側が2015年デザイン。

右側が2016年デザイン。

2015年は映画そのままですが、2016年は手描きアニメ風な印象です。


ダッフィーもアナ雪も1日券で650円とちょっと高めですが、記念に1枚いかがでしょう。

販売期間は2016年1月11日~2016年3月18日まで。

おわりに

リゾートラインの期間限定イベント、いかがだったでしょう。


ダッフィーデザインのリゾートライン車両は、
もはやアトラクションと言ってもいいくらいの充実度。

せっかくディズニーリゾートに行くならば、
260円を支払ってとりあえず1周する価値は十分にあります。

改札に入れば、巨大なダッフィーにも会えますから。


できればフリーきっぷを購入して、
何周もしながら、それぞれのキャラクターの車両を堪能するのがオススメです。

フリーきっぷは記念にもなりますしね。

650円くらい支払う価値はあります!


写真撮影に熱中してしまい、他の乗客の方の迷惑にならないように気をつけましょう。



 - ディズニーリゾート全体, パーク外 , , , , , ,