東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ティポトルタとは何?ディズニー謎のお菓子 実食レポート

      2015/12/26


ディズニーランド、ディズニーシーではたくさんのスイーツお菓子が販売されています。


パーク内では

  • ポップコーン
  • 骨付きチキン
  • チュロス

など、定番の食べ歩きフードが様々な味でラインナップ。


商品名を見れば、

「あぁ、アレか」

とイメージが湧くものがほとんどの中、
名前を見ても全然イメージの湧かない

ティポトルタ

なるお菓子が。


今回はこの「ティポトルタ」について記事を書いていきます。

ティポトルタって何?

ググッてみても、求めている回答が見つかりません。


どうやら世間で一般的なものではない様子。


まったくもってイメージがつきません。


ディズニーの公式ページには以下の記述が。

サクサクしたパイ生地の中にクリームが入ったスティック状のスイーツ

わかったような、わからないような。


とりあえず、焼き菓子の分野にカテゴライズされる模様。


勝手なイメージだと、

  • ロッテの「パイの実」が棒状になったもの
  • 「パイの実」のチョコレート部分がクリーム

と推察されます。


サクサクしたパイ生地」の時点で、
私の頭の中には「パイの実」しか浮かんできません。


百聞は一見にしかず。

これは実際に食べてみないといけませんね!


どこで売っている?

ティポトルタはディズニーランド、ディズニーシーの両パークで販売されています。


ディズニーランドならば
ファンタジーランドの「ビレッジペイストリー」。

アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」付近にある荷馬車風の売店。

ビレッジペイストリー


ディズニーシーならば
アメリカンウォーターフロントの「ハイタイド・トリート」。

こちらはポートディスカバリーエリアとの境界付近に位置するワゴン。

ハイタイド・トリート

ディズニーシーの「ハイタイド・トリート」は、あまり通らない道沿いにあるため
わかりづらい場所ではないのですが、通過するチャンス自体が少ないかもしれません。


一方、ディズニーランドの「ビレッジペイストリー」は難なく見つけることができるはずです。

価格と味のラインナップは?

ティポトルタの販売価格は360円


味は、それぞれの店舗で2種類ずつ用意されていることが大半。


基本の味は

  • チョコレート
  • スウィートポテト

の2種類。


時期によってはどちらかが販売休止となり、
代わりに期間限定のフレーバーが販売されます。


夏場になると、アイスが入った「クールティポトルタ」なんてものもラインナップします。


時期によって味が変わるということもあって、パークに行ったら食べておきたいスイーツです。

過去のフレーバー

ノーマルティポトルタ

以下のものが販売されてきました。

  • ヘーゼルナッツクリーム(2015年TDL/TDSクリスマス)
  • 紫芋(2015年TDLハロウィン)
  • レアチーズクリーム&ブルーベリー(2015年TDSハロウィン)
  • キャラメル&カスタード(2015年TDLイースター)
  • アールグレイティー&ラズベリー(2015年TDSイースター)


クールティポトルタ

クールティポトルタのフレーバーは

  • ストロベリー(2015年TDL夏期)
  • キャラメル(2015年TDL/TDS夏期)
  • ハニーレモン(2015年TDS夏期)

実食レポート

謎のスイーツ「ティポトルタ」。


パークに行く度、食べよう食べようと思いつつ、毎回食べるのを忘れていました。


ですが、遂に2015年のディズニー・ハロウィンで食することに成功。


購入先はディズニーランドの「ビレッジペイストリー」。

ビレッジペイストリー

ここで販売されている

  • チョコレート
    ティポトルタ
  • 紫芋
    ティポトルタ

の2種類を購入。


限定フレーバーの方は、期間限定デザインの包み紙で提供されます。


お金を支払って、キャストの方から渡される際、

「熱いので気をつけてください」

との一言。


え?そんなに熱いの?

まさか、そんなはずはないでしょ。



しかし、持ってみるとアツアツ


そしてズッシリとした重量感。


いざ、一口食べてみると・・・


サックリというよりは、モッサリ


軽い歯ごたえを想定していたのですが、
カロリーメイトを温めたような食感。


チョコレートは、チョコがクリーム状になっており、しっとりした感じ。


紫芋は、確かにその味がしていて、チョコレートに比べるとサクっとしています。

ですが、クリーム感はゼロ。


どちらにしても、飲み物が欲しくなるはず。

ペットボトルを片手に食べるのが良いでしょう。


夏場にコレはキツイですが、クールティポトルタならば何とかなるかもしれません。


そして、ボリューム感。


1本食べたら確かな満足


360円でお腹がここまで満たされるスイーツは、ディズニーリゾート内ではなかなかありません。


食べごたえは十分。


パーク内での食費削減には大きく貢献することでしょう。


まとめ

ボリューム感が素晴らしいティポトルタ。


芋系よりはフルーツ系などのフレーバーの方が良いかもしれません。


今度は違う味にチャレンジしたいと思います。


パークに行ったら、ぜひ食べてみてください。



 - TDLレストラン, TDSレストラン, ディズニーシー, ディズニーランド, ディズニーリゾート全体 , , ,