東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ディズニーの年間パスポートは何回で元が取れるのか?お得な買い方とは?

      2016/09/08


ディズニーには様々な種類のパークチケットがあります。


1日チケットはもちろん、
夕方から入れるスターライトパスポートやアフター6パスポート。

連続して複数日行く場合にお得な、マルチデーパスポート。


そんな中に、ディズニー好きにとって憧れのチケットとも言える

    年間パスポート

があります。


その名の通り、ディズニーに1年間を通していつでも行けてしまうというものですが、
この記事では

  • 年間パスポートにはどんな種類があるのか
  • 申し込みにはどんな手続きが必要なのか
  • 何回パークに行けば元が取れるのか

について、まとめておきたいと思います。


ちなみに、この記事に記載されている価格は
2016年4月以降の改定価格になっています。

年間パスポートの種類

早速ですが、年間パスポートには
以下のような年齢区分と利用可能なパーク区分があります。


年齢

  • シニア(65歳以上)
  • 小人(4歳~11歳)
  • 上記以外

利用可能なパーク

  • ディズニーランド用
  • ディズニーシー用
  • 両パーク用

それぞれについて少し詳しく見てみましょう。


年齢

ワンデーパスポートやマルチデーパスポートには、

  • 大人(18歳以上)
  • 中人(12歳~17歳)
  • 小人(4歳~11歳)
  • シニア(65歳以上)

の区分があります。
(スターライトパスポートやアフター6パスポートを除く)


年間パスポートの場合、中人の枠がありません

つまり、中人であっても大人と同じ金額を支払わなくてはいけません。

ワンデーパスポートだと大人よりも1000円ほど安いので、これは微妙ですね。

利用可能なパーク

年間パスポートは、各パークごとに用意されています。

両パーク用の年間パスポートもありますが、
こちらはパークの入場制限時には使用できません


なので、「どんな時でも必ず入園したい!」という熱い気持ちを持っている方は
パークごとに年間パスポートを持っている方もおられるようです。

年間パスポートの金額

年間パスポートの価格を下の表のようにまとめておきました。

チケット種別 大人・中人 小人 シニア
ランド 63000円 41000円 53000円
シー 63000円 41000円 53000円
両パーク 93000円 60000円 79000円

こうして見ると、高いですね。

「年パス」というからには当たり前ですが、
気軽にホイッと買えるような金額ではありませんね。


では、この年間パスポート、
何回パークに行けば元に取れるのか、どれを購入すればよいのかを考えてみましょう。


何回行くならば年間パスポートがお得?

書き忘れていましたが、年間パスポートは、利用が本人に限定されます。

使い回しはできません

それができるのであれば、問答無用で購入した方がお得なんですけどね。。。


元が取れるボーダーラインを考察する際には以下を前提とします。

  • 「大人」の枠を基準とする
    (小人枠の子供を1人でディズニーに行かせることは、あまりないはず)
  • 複数日連続でパークに行くことは考えない
    (計算が面倒です)

ということで、ここからの計算は、「大人」をベースに考えていきたいと思います。


大人のワンデーパスポートは7400円

パークチケット

ということは、どちらか一方の年パスを購入したとしたら、

    63000円 ÷ 7400円 = 8.51

となるので、9回行けば完全に元は取れます。


ただし、そんなに簡単に結論が出せないのが年パスのイヤらしいところ。


というのも、次の問題が立ちはだかるからです。

    あなたはどちらかのパークだけで満足できますか?



「ランドだけしか行かない!」

そんな一途で熱い気持ちがある方ならば、
迷うことなくディズニーランドの年パスを購入すれば良いですね。


ただ、「ランドもシーも行きたい」という方が大半なのでは?

イベント時期によって、両方のパークで特色が違いますしね。


私もそんな浮気者の1人。


両パークに行ける年間パスポートを購入したいというのが実際のところ。

この場合、計算式は変わります。

    93000円 ÷ 7400円 = 12.56

つまり、13回も行かなければ元は取れません。


よく、芸能人やディズニーフリークの方で、
「年間100回行く」という方がおられますが、それは特別な人。

普通にサラリーマンや自営業をしている方にとっては、13回というインパ回数でも
実現の難しい数字のように思えてきます。


年間13回以上は確実に行く、というのであれば何の問題もありません。

ただ、元を取るためにディズニーに行くというのでは本末転倒ですからね。


ですが、年パスを持っていれば、ディズニーでの遊び方の幅が広がるのも事実。


ということで、私なりに出した年パスのベストな購入方法がコチラ。

  1. どちらか一方のパークの年パスを購入する
  2. もう片方のパークに行くならば、ワンデーパスポートを購入する

これならば、元を取る衝動に駆られてディズニーへ行くことは避けられそうです。


そして、両パーク用の年パスの弱点である
「入園制限がかかっている日には使用できない」というリスクにも対応可能です。


いかがでしょう?


全年齢区分の元が取れる回数を下の表にまとめておきます。

チケット種別 大人 中人 小人 シニア
片パーク 9回 10回 9回 8回
両パーク 13回 15回 13回 12回

年間パスポートの申し込み手続き

さて、いざ年間パスポートを購入する際の手続きについても書いておきましょう。


必要なもの

  • 氏名と生年月日が確認できる本人確認書類
    (学生証を除く)
  • 現金もしくはクレジットカード

購入場所

  • イクスピアリの東京ディズニーリゾート・チケットセンター
  • イーストゲート・レセプション

必要書類の確認ができて、お金を支払えば、
写真撮影をして、めでたく年間パスポートが手に入ります。


有効期限は、作成日から1年間

思いっきり楽しんじゃいましょう。

おわりに

年間パスポートを購入したといっても、出費は年パス代だけで収まりません


年パスによって、パーク入園にかかる費用は定額になりますが、

  • 食事代
  • グッズ代
  • 交通費

といった出費は、パークへ行く度にかかります。


そう考えると、元が取れる最低回数だけ行ったとしても、年間10万円は使うことになります。


それを許容できる財力さえあれば、私もホイホイと年パスをゲットするのですが。。。


もっと収入が増えるように、がんばっていきたいと思います。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ディズニーリゾート全体 , , ,