東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ディズニーシー 七夕デイズ体験記 グリーティングとウィッシングプレイス

      2015/11/26


ディズニーシーでは、
2015年6月24日[水]~7月7日[火] の14日間限定で
七夕デイズ」が開催中。


イベントの詳細はコチラを参考に。
  ディズニー七夕デイズ イベント歴史,ショー,フード,グッズ紹介


イベント開始の翌日、6月25日[木]に
ディズニーシーへ行ってきました。

七夕イベントの目玉 といえば、

  • 七夕グリーティング
  • ウィッシングプレイス

の2つ。

これらについて書いていきます。

七夕限定グッズと七夕限定フードについては以下をご覧ください。
  ディズニーシー 七夕デイズ 限定ダッフィー・限定グッズ・限定フード

七夕グリーティング

メディテレーニアンハーバーの海にて、
1日3回公演される「七夕グリーティング」。


公演時間は

  • 10:45~
  • 13:45~
  • 16:30

夏場なので日は長く、最終公演時間でも
日が沈むことはありません。


そのため、ライトアップされるなんてことはなく、
どの回で観ても同じ です。

グリーティングの登場人物は?

登場するのは、

  • ミッキー(彦星コスチューム)
  • ミニー(織姫コスチューム)
  • ダッフィー(七夕コスチューム)
  • シェリーメイ(七夕コスチューム)
  • アラジン
  • ジャスミン
  • アリエル
  • エリック

です。

アラジン以下は七夕コスチュームではありません。

アラジンは王様スタイル。

そして、アリエルは人魚ではなく、人型バージョンです。


グリーティングの内容は?

アラビアンコースト方面から、
登場キャラクター全員が乗船した1隻の船が。


願いをかけよう、願いが叶いますようにと
ミッキー先導のもと、みんなで歌を歌うというストーリー。

正直、ストーリーというストーリーはありません。


約12分間。

メディテレーニアンハーバー内をひたすら
船が走り回り、ゲストたちに顔を見せるという内容でした。

観てみた感想

メディテレーニアンハーバー内にいるのが
たった1隻の船というのが何とも寂しい。

その1隻がエリア内を駆け巡ります。


がんばってイベントとして
成立させようとしているのですが、
残念ながら物足りません。


七夕デイズのイベント期間の短さから、
予算が少なく、派手な演出はできないのかもしれません。

それにしてもショボすぎる。


このグリーティングのために1時間も待つとしたら、
時間の無駄です。

私たちは待ち時間なしで、ショー開始直前に
空いている場所をササッと見つけて
鑑賞できたので良かったですが。。。

土日はどうなるんでしょう??


観てよかった!
ということはなく、
期間の短い七夕イベントの記念ですね。

ウィッシングプレイス

アメリカンウォーターフロントの桟橋、
バーナクル・ビルズの周辺に
ウィッシングプレイス」が設置されています。


ウィッシングプレイスは、願い事の短冊をかける場所。

ディズニー七夕デイズでは、この短冊を
ウィッシングカード
と呼びます。

ウィッシングカードはどこで手に入るか

ウィッシングプレイス周辺に、浴衣を着たキャストの方がいます。

その方からウィッシングカードをもらえます。

DSC_2014

DSC_2015
このウィッシングカードに願い事を書いて、
ウィッシングプレイス内にかける。

これこそが七夕デイズの主旨。

ディズニーキャラクターたちが願い事を書いた
ウィッシングカードがかけられているという話でしたが、
全然見つからず。。。

無念です。

ウィッシングプレイスの昼と夜

昼間のウィッシングプレイスはこんな感じ。

DSC_2002

ちょっと寂しいですね。

ディズニーに「笹」は似合わないのかもしれません。


ですが、夜になると雰囲気は一変。

DSC_2165

ライトアップにより、幻想的な場所に様変わり。

華やかというわけではありませんが、
雰囲気はバツグン。

カップルにとっては最高のロケーションかもしれません。


七夕デイズイベントの全体感想

七夕イベントの装飾が施されているのは
ウィッシングプレイスがある桟橋くらい。

クリスマスやハロウィーンのように、
パーク全体で盛り上げるイベントではありません。


また、七夕というイベントの性質上、
派手な演出というよりは、
静かで厳かな雰囲気になってしまうのは仕方ない。


ディズニーで七夕をやるのなら、
いっそのこと、ディズニーオリジナルの七夕を定義してしまった方が良いような。


日本の風習に合わせて、強引にイベントを用意しているのですが
今のままならば、イベントを開催する必要もない気がします。


イベント期間が短いので、大きなテコ入れは期待できないのが実際のところ。


七夕イベントに行くならば、
この後に始まる夏のイベントに行った方が楽しめるのは間違いありません。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ディズニーシー , , , ,