東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ハッピー15エントリー利用時の7つの注意点 知っておかないと失敗するかも!

      2016/11/13


ディズニーホテル宿泊者特典の1つである「ハッピー15エントリー」。

    「ディズニーランドもしくはディズニーシーの開園時間15分前にパークへ入れる」

という恐ろしいほどに威力のある特典なのですが、この特典を利用する際に知っておくべき点をまとめます。

注意点1:利用可能日は・・・

ハッピー15エントリーの利用可能日は

    チェックイン当日を除くホテル利用日

となります。

どういうことか、具体例を挙げると

1泊2日の場合 2日目に利用可能
2泊3日の場合 2日目、3日目に利用可能

となります。


つまり、舞浜に降り立った初日にパークへ行く場合には、ハッピー15エントリーの恩恵には預かれないことになります。


ディズニーホテルに宿泊する方で

    「チェックアウトする日を都内の観光にしよう」

と旅行日程を考えている人は要注意。

せっかくの特典が無意味になってしまいます。


注意点2:利用可能アトラクションは・・・

    「開園15分前入園したら、あのアトラクションに最初に乗って、次は・・・」

と夢が広がっているあなたに残念なお知らせです。

ハッピー15エントリーで利用できるアトラクションは決まっています

それがコチラ。

 ディズニーランド バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
 ディズニーシー トイ・ストーリー・マニア!
タワー・オブ・テラー

たったコレだけです。

ディズニーシーに関しては、2大 人気アトラクションなので何の文句もないですよね。


一方のディズニーランド。

「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」なんて、混雑日のスタンバイでも利用できますし、ファイストパスも夕方くらいまで残っていることがあるアトラクション。

これにはガッカリしてしまうこと間違いなし!

注意点3:利用可能施設は・・・

アトラクションだけではなく、利用可能な施設にも制限があります。

 ディズニーランド グランドエンポーリアム (グッズ販売)
メインストリート・ハウス(総合案内、ガイドツアー申し込み)
ベビーカー・車椅子レンタル
迷子センター
 ディズニーシー ガッレリーア・ディズニー(グッズ販売)
フィガロズ・クロージアー(グッズ販売)
ゲストリレーション(総合案内、ガイドツアー申し込み)
ベビーカー・車椅子レンタル
迷子センター

季節限定グッズは一通り揃っているショップが利用可能なので、どうしても手に入れたいものがある方にとってはイイかもしれません。


ただし、朝イチからグッズを持っていると移動するときに大変になることもあるので注意が必要です。


注意点4:侵入可能エリアは・・・

    「利用可能なアトラクションが少ないなら、あのアトラクションの前まで行って、開園時間を待てば・・・」

そう考えた方、またもや残念なお知らせです。

ハッピー15エントリーを使って入園したとしても、入れるエリアに制限があります。

 ディズニーランド ワールドバザールおよびトゥモローランドの一部エリア
 ディズニーシー メディテレーニアンハーバーおよびアメリカンウォーターフロントの一部エリア

お目当てのアトラクションにより近づくため
キャストの方の制止ラインギリギリまで進み、開園の刻を待つしかできることはありません。

注意点5:ファストパス発券時間は・・・

ここまでで十分に制限だらけなのですが、さらなる制限がファストパスの発券開始時間

ファストパスは、

    開園時間にならないと発券されない

となっています。

なので、

  1. ハッピー15エントリーで入園
  2. トイ・ストーリー・マニアのファストパスをゲット
  3. トイ・ストーリー・マニアをスタンバイで乗る

というドリームプランは、正真正銘、儚い夢です。


注意点6:ハッピー15エントリーでも並ぶ

入園時間15分前にパークに入れるし、ディズニーホテルだからアクセスも楽々。

そんなふうに余裕を持っていると、専用エントランスに行って愕然とするかもしれません。


特に、アンバサダーとディズニーランドのみがディズニーホテルだった2008年6月前までとは事情が大きく異なっています。

しっかり以下の内容を確認してくださいね。


そもそも、ハッピー15エントリーの権利を持っている人はどれくらいいるのでしょうか。

それを計算するためにコチラの情報をご覧ください。

ホテル名 客室数
ディズニーアンバサダーホテル 504室
ホテルミラコスタ 502室
ディズニーランドホテル 702室
セレブレーションホテル 700室

ハッピー15エントリー特典が得られるディズニーホテルとその客室数です。


1室に平均で2人が宿泊しており、稼働率が90%を超えることを考慮。

すると、ハッピー15エントリーの権利を持つ人約4300人

このうちの2割程度の人がハッピー15エントリーすると考えた場合、

    約800人

もの人が並ぶことになります。

単純にディズニーランド、ディズニーシーに分散しても、各パーク約400人

これだけの人が開園15分前に入園開始した場合、一番後ろに並んだ人が入れる時間は何時になるのでしょうか・・・。


考えると恐ろしくなりますね。


以上の結論として、ハッピー15エントリーの恩恵を最大限に受けるためには

    早めに専用エントランスに並ぶ

ことが大切です。


注意点7:通行証 紛失注意

最後の注意点は、ハッピー15エントリーの「通行証」を紛失しないこと。

    「そんな大切なもの、無くすやついるの?」

と思うかもしれません。

残念ながら、可能性としては十分にあるのです。


ハッピー15エントリーの通行証は、ディズニーホテルのチェックイン時に渡されます。

通行証自体は、レシートのような大きさの紙

特別なカードとか、そういったものではありません。


経験ある方はわかるかと思いますが、チェックインって結構バタバタします。

そして、色々なものを渡されます。


お金やクレジットカード、部屋のキーなど大切なものばかり。

その中にレシートのようなものがあると、無意識に存在を軽視してしまうのです。


ついウッカリ、ズボンやコートのポケットに入れてしまい、そのままどこへ行ってしまったのか行方不明となる。

そんな悲劇がよくあります。


また、ハッピー15エントリー利用直前にも要注意。

パーク周辺は風が強いベイエリア

手で持っていて、気を抜いた瞬間に風で飛ばされてどこへ行ってしまった。

しばらくの間、夢でうなされそうなシーンですね。


とにかく、通行証の紛失には注意しましょう。

おわりに

ハッピー15エントリーを利用する際の注意点を7つ挙げました。


様々な制限がある中で、どう利用するのが効率なのか。

それを考察した記事がありますので、コチラの記事をぜひ読んでみてください。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ディズニーシー, ディズニーランド, ディズニーリゾート全体, ハッピー15エントリー , ,