東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ディズニーランドに行く前に見ておくべき映画 厳選5作品

      2016/09/08


ディズニーのテーマパークとして、1983年に開業したディズニーランド


その名前の通り、パーク内ではディズニー作品をモチーフにした

  • アトラクション
  • 建物
  • レストラン

がたくさん。


さらに、パレードではディズニーキャラクターも多数登場します。


ディズニー作品を何も知らずに行っても楽しめるのですが、せっかく行くなら
映画やアニメを見てから行くのがオススメです。


ということで、ディズニーランドに行く前に見ておいた方が良いディズニー作品
オススメ順にまとめてみました。


ディズニーシーに行く場合のオススメ作品はコチラの記事をご覧ください。


オススメ作品①:映画「くまのプーさん」

ディズニーランドで大人気のアトラクション「プーさんのハニーハント」。


2000年にオープンして以来、安定的に人気ベスト3に入っているアトラクションです。


ご存知、「くまのプーさん」が主役。


アトラクションはもちろんですが、乗車までの待ち時間の間も、
プーさんの絵本を見ながら練り歩きます。


私自身、初めてこのアトラクションに乗った時点では原作を知りませんでした。


「なんで、ここはこうなっているのだ?」という疑問ばかりで、
「はちみつが好きなプーさんなんだな」と1人で納得して終わったものです。


原作を見て、色々な疑問が一気に解消。


特にデートや家族で行く場合の男性陣は、
彼女や家族とのテンションを合わせるためにも必見です。



さて、その原作ですが、「くまのプーさん」シリーズはたくさんあります。


その中でも必見なのが「くまのプーさん 完全保存版」。

3つのお話

  • プーさんとはちみつ
  • プーさんと大あらし
  • プーさんとティガー

が収録されているのですが、アトラクションもこれらを再現したものになっているので、
これだけ抑えておけば問題ありません。


オススメ作品②:映画「モンスターズ・インク」

ディズニーランドの人気アトラクション

    モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”

の原作作品。


2009年にオープンして以来、パーク内人気ベスト5には入っています。


モンスターズ・インクに登場するキャラクターを探すというアトラクションの内容的に
映画を見ていないと、正直何も面白くないです。


2002年に公開されたピクサー映画


これを見たおかげか、「モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”」乗車中に

    「マイクがいる!」
    「サリーだ!」

と見つけては興奮する娘と息子。

映画を見せておいて良かったと感じさせられます。


続編というかシリーズ作品の「モンスターズ・ユニバーシティ」は見る必要はありません。

オススメ作品③:映画「リロ・アンド・スティッチ」

日本では2003年に公開されたディズニーアニメ映画


ハワイの少女リロとエイリアンのスティッチの物語。


2015年夏までは、見なくてもまったく問題のない映画でした。


というのも、「スティッチ」というキャラクターさえ知っていれば、

  • 魅惑のチキルーム
  • パレード

に登場するだけで、作品自体は知らなくても何の問題もなかったため。


特に「魅惑のチキルーム」に関しては、
集客力を上げるために2008年から強引にスティッチをねじ込んだ感じが否めませんでした。


ですが、2015年夏からは一変し、必見の作品となりました。


その理由がアトラクション「スティッチ・エンカウンター」の存在。


映像で映し出されるスティッチと会話ができるという、
「タートル・トーク」のようなアトラクション。


映画「リロ・アンド・スティッチ」を見ておけば、アトラクション中だけでなく、
待ち時間も楽しさは倍増するはずです。


オススメ作品④:映画「不思議の国のアリス」

女性が大好きな「不思議の国のアリス」。


ディズニーランドでの登場場所は意外と多く

  • アトラクション「アリスのティーパーティー」
  • レストラン「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」
  • 昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」
  • 夜のパレード「エレクトリカルパレード」
  • 夜のショー「ワンス・アポン・ア・タイム」

が該当します。


特にレストランと「ワンス・アポン・ア・タイム」に関しては、映画を見ておいた方が良いです。


私もディズニーへ行く前に映画を見ましたが、映画の内容自体は正直言って
よくわかりませんでした。


それでも、キャラクターや映画の特徴あるシーンなど、見ておいて良かったと思います。

オススメ作品⑤:映画「スター・ウォーズ」

誰もが知る超名作。


ディズニーファンでなくても、スター・ウォーズはファンという方も多いのでは?


ディズニーランドにはアトラクション「スター・ツアーズ」がありますが、
これはまさに、スター・ウォーズのアトラクション。


3D映像に合わせて動くキャビンで、宇宙の旅を体験するという内容。


ダースベイダーなど、スター・ウォーズでおなじみのキャラクターが登場するので
映画を見ておいた方が良いでしょう。


その他

アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」は「トイ・ストーリー」でしょう?
という意見が多くいただきますが、厳密には「トイ・ストーリー」ではなく、

    スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー~帝王ザーグを倒せ!~

が最も関連性の強い作品です。


ただこの作品、正直言って面白くない


しかも、このアトラクションは原作を見なくても
シューティングアトラクションとして問題なく楽しめてしまうため、今回のオススメからは除外しました。

おわりに

厳選して5作品を挙げましたが、ディズニーシーに比べると、ディズニーランドには
原作作品に関連性のあるアトラクションがたくさん。

  • 映画「ピーターパン」
  • 映画「シンデレラ」
  • 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」
  • 映画「白雪姫」
  • 映画「ピノキオ」

余裕があれば、全部を見ておきたいものです。


ディズニーシーに行く前に見ておくべき作品はコチラの記事をご覧ください。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ディズニーランド , ,