東京ディズニーリゾートを子連れで遊び尽くそう!

東京ディズニーリゾートに子連れで遊びに行く際のお役立ち情報をまとめたブログです。 ディズニーランド、ディズニーシーの情報はもちろん、シェフミッキー、ディズニーホテル、周辺レジャー施設の情報を書いています。

*

ホテルオークラ東京ベイ 客室別アメニティまとめ これから宿泊する方必見!

   


ディズニーオフィシャルホテルの1つとして人気の「ホテルオークラ東京ベイ」。


どの客室も部屋が広くて、バスルームには大理石が使われているなど、オフィシャルホテルの中でも随一の豪華さを誇るホテル。

そんな豪華さに比例して、1室の宿泊料金もオフィシャルホテルの中でトップ。


そんなホテルに宿泊するからには、客室内のアメニティがどんなものか気になりませんか?

この記事ではホテルオークラ東京ベイで用意されているアメニティを紹介しています。

ホテルオークラ東京ベイの客室一覧

アメニティを紹介する前に、ホテルオークラ東京ベイの客室分類をまとめておきましょう。

客室名 正規料金 部屋の広さ
スーペリアルーム 52,272円 44㎡
デラックスルーム 59,400円 44㎡
エグゼクティブルーム 64,152円 44㎡
ジュニアスィートルーム 77,220円 53~56㎡
デラックスジュニアスィートルーム 83,160円 53~56㎡
シニアスィートルーム 95,040円 62㎡
エグゼクティブスィートルーム 106,920円 71㎡
アンバサダースィートルーム 118,800円 118㎡
ロイヤルスィートルーム 475,200円 185㎡

ここまでは洋室

ホテルオークラ東京ベイには和室も用意されています。

客室名 正規料金 部屋の広さ
和室 71,280円 44㎡
和室スィート 95,040円 61㎡

ということで、一番安い部屋が「スーペリア」。

最も高い部屋が「ロイヤルスィート」となります。


ちなみに、私たち家族が宿泊したことのある部屋は「スーペリア」と「デラックスジュニアスィート」。


基本のアメニティ

どの客室でも共通して用意されているアメニティを紹介しましょう。

パジャマ(ワンピース型)

大人用のパジャマは標準装備。

ホテルオークラ東京ベイ 大人用パジャマ

リクエストすれば、子供用のパジャマも用意してもらえます。

サイズは確か、120と140の2サイズ展開。

5歳の娘はギリギリちょうどいい感じ。

ホテルオークラ東京ベイ 子供用パジャマ

4歳の息子はダボダボ。

ホテルオークラ東京ベイ 子供用パジャマ

歯ブラシ

よくある使い捨ての歯ブラシが用意されています。

ホテルオークラ東京ベイ 歯ブラシ

パジャマと同じく、リクエストすれば子供用の歯ブラシプラスチックコップを用意してもらえます。


大人のうがい用コップはなんと、うす~いガラス製

普段は100円ショップのプラスチックコップを使っている身としては、ガラスコップは不慣れもいいところ。

雑に扱って割ってしまいそうでビクビクものでした。


バス用品

お風呂で使用する

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • バスジェル

は、資生堂のもの。

ホテルオークラ東京ベイ シャンプー

大きめのボトルと、持ち帰り可能な携帯サイズの2つが用意されています。

ホテルオークラ東京ベイ  シャンプー

その他

  • フェイスソープ
  • タオル類
    ふかふかのタオルが人数分プラスアルファ用意されています。

  • スリッパ
    ホテルなのでスリッパは標準で用意されています。
    ただし、このスリッパは客室ランクによって内容が変わるのですが、それは後で解説します。

  • コットン
  • 綿棒
  • ヘアブラシ
  • シャワーキャップ
  • カミソリ
  • ヘアターバン
  • 女性用基礎化粧品

上位客室だけのアメニティ

スーペリアルーム以外

スリッパ

低ランクのスーペリアルームでは、「使い回しスリッパ」でした。

高ランクの客室では、「使い捨てスリッパ」に。


芸能人格付けチェックのようなアメニティのマイナーチェンジ。

バスローブ

スーペリアルーム以外には、ふかふかゴージャスなバスローブが付いています。

ちょっとラグジュアリーな雰囲気を味わうことが可能です。

洗顔フォーム

スーペリアルームよりも高ランクの客室では、この固形石鹸がフェイスソープの代わりに置かれています。

ホテルオークラ東京ベイ 石鹸

最初は手洗い用だと思っていたこの石鹸。

ホテルのフェイスソープといえば、泡で出てくるタイプを思い浮かべてしまうのですが、固形とは・・・。

ジュニアスィート以上のアメニティ

ジュニアスィート以上の和室を除く客室には、お風呂に「バスピロー」が設置されるようになります。

ホテルオークラ東京ベイ バスピロー

リラックスできるバスタイムを過ごせるとのことですが、私は使いませんでした。

なんか、キレイな印象がなかったので・・・。


シニアスィート以上のアメニティ

以下の高ランク客室になると、さらに特別なアメニティが付いてきます。

  • シニアスィート
  • エグゼクティブスィート
  • アンバサダースィート
  • ロイヤルスィート

変化点は以下の3つ。

  1. ボディミルクがある。
  2. パジャマがワンピース型ではなく、セパレートタイプ(ズボン付き)になる。
  3. 男性用化粧品が付く


和室特有のアメニティ

「和室」と「和室スィート」の場合、

  • コンディショナーがリンスになる
  • パジャマが浴衣になる

という地味な変化があります。


おすすめアメニティ ベスト3

ホテルオークラ東京ベイの客室ごとのアメニティを紹介したわけですが、個人的にオススメなアメニティはこちらです。

  1. シャンプー
    ホテルのシャンプーというと、使った後に髪の毛がギシギシすることが多いのですが、オークラのシャンプーは違いました。

    携帯サイズのボトルはぜひ持ち帰ることをオススメします。

  2. バスタオル
    とにかくフワフワ。

    濡れた体をしっかり拭ける厚めのタオルなので気持ち良かった。

  3. バスローブ
    バスタオルと同じ素材で、高級感を肌で味わえるのが魅力。

参考になりましたでしょうか。

色々と厳しい意見も書きましたが、全体的にクオリティは高めです。

安心して宿泊してくださいね。



 - ディズニー周辺ホテル, ホテルオークラ東京ベイ ,